昔に比べて現代の商売は大変な努力が必要ですね

最近とある人から聞いた話で妻に先立たれた70歳代後半の男性が,とにかく寂しいとぼやいていたそうです。
商売を営んでいて別居している息子さん夫婦が後を継ぎ従業員も抱え,その男性も店舗兼住宅の4階で生活しているそうです。
近所の方は夫に先立たれた奥様がほとんどで同世代の男性が近所にいないために,路上で他の奥様と日常的に立ち話をしていたのだそうですが知人男性からあらぬ噂になっているよと忠告され,今は家に引きこもって塞ぎ立ちらしいのです。
ある程度財をなして息子さんという後継者に恵まれ端から見ると幸せな人生だと思うのですが,人間の幸福感は人様々でその方も奥さんがいて商売も儲かり羽振りも良かった時代を体験しているだけに,ギャップに苦しんでいるのでしょう。
その方が話していた事で近くのコンビニに毎日おかずの配達を依頼していて,店長自ら365日配達してくれるそうです。
1日500円の売上で元旦も休みなしで店長が来てくれるなど,その方の常識からは考えられないのでしょう。
現代の商売は消費者から見ると非常に便利な仕組みですが,供給側から見ると地道な努力が必要みたいです。

昔に比べて現代の商売は大変な努力が必要ですね